世界一へたくそな世界実況

楽しみましょう、今回の人生。

  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明

どっちが正解なの!?集団に帰属する『就活組』か我が道をゆかんとする『意識高い系』か???

Knowing is not enough;we must apply. Willing is not enough;we must do.

知ることだけでは充分ではない、それを使わないといけない。やる気だけでは充分ではない、実行しないといけない。Goethe(ゲーテ)

 

f:id:yutonsmaile:20170602105136j:plain

 

みなさん、こんにちは。最近、暑い日が続きますね。半袖半ズボンでももう十分な気温です。

 

さて、世間では就活が始まっており、就活生が日々奮闘しております。

就職情報大手のマイナビによると、企業が内定・内々定を出し始める時期は6月が最も多いそうです。会社説明会、OB訪問、インターンエントリーシート、自己分析、そして面接の練習。しないといけないことがたくさん。早く内定だして、バイトして卒業旅行の資金作って、遊ぶぞ!!!って人もいるのではないでしょうか。

しかし、そんな就活生を横目に、、

「就活?みんなスーツ着てすごいよな。さすが集団主義国家」

「俺は流されたくないんだよね。社会の流れっていうのに」

「就活だけがすべてじゃないでしょ。自分のしたいことしたい」

という人いませんか???

SNSに偉人の名言など投稿したり、ポエムみたいな感じで投稿したりするそこのあなた!

ちまたでいう意識高い系かもしれません(笑)

 

じゃあどっちが良いの?どっちが正しいの?

●就活

f:id:yutonsmaile:20170602100911j:plain

就職活動の略称。シューカツとも表記する。とくに大学生、大学院生、短大生などが民間企業から採用内定をもらうための、卒業前年から卒業年にかけての一連の求職活動を就活とよぶことが多い。最近は、まずインターネットの就活サイトから求人企業へ応募資料(エントリーシート)を提出することから始まり、企業説明会への出席、性格テストや適性テストの受検、数次の面接を経て、内々定を獲得し、最終的に内定をもらうまでの活動をさす。
 民間企業は他社より優秀な人材を確保しようと採用活動を早期化する傾向があり、就活期間は長期化している。これに歯止めをかけ、学生が学業に専念できる期間を確保しようと、1953年(昭和28)に就職協定が、1997年(平成9)に倫理憲章(正式名称「採用選考に関する企業の倫理憲章」)が策定され、その後も改定を重ねた。また、2013年(平成25)に名称を採用選考指針(正式名称「採用選考に関する指針」)と改め、企業の自主的判断にまかせた倫理憲章よりも、拘束力の強いものにした。ただし、新しい指針も罰則規定のない紳士協定である。
 国家公務員、地方公務員など官公庁の採用は民間企業への就活と異なり、筆記試験の比重が高く、高卒、大学卒、大学院修了など学年別に実施される採用試験対策が就活の中心となる。また中学生や高校生の新卒採用については、労働基準法職業安定法により就活期間が厳しく制限されており、実際の就活は学校内での書類選考のウェイトが高いという傾向がある。(日本大百科全書より引用)

 

●意識高い系

f:id:yutonsmaile:20170602100916j:plain

意識高い系(いしきたかいけい)とは、自分を過剰に演出(いわゆる「大言壮語」)するが中身が伴っていない若者、前向き過ぎて空回りしている若者、インターネットにおいて自分の経歴・人脈を演出し自己アピールを絶やさない人などを意味する俗称である。大学生に対して使用されることが多いが、ビジネスマンや主婦など若者・学生以外の層に対して使用される場合もある。「意識高い系」の特徴として、自己啓発(ボランティア・政治)活動や人脈のアピール、敢えて流行のカタカナ語を使うなどが挙げられる。嘲笑の対象として「意識高い系(笑)」と表記されることもある。

Wikipediaより引用)

 

 

・やりたいことあるけど、一度は社会にでてグループで協働することを学ぶことも大事。

・石の上にも三年。三年間は社会経験しよう。また新たな発見もあるだろうし。

・人生は一回、自分のやりたいことを早くやらなくてどうする。

・働き出したらほぼ毎日が仕事。自分の時間がない。その時間で自分を高める行動にあてたい。

・いざ辞めようと思っても結局は流されてて続けるはめに。辞めにくい。

 

 

自分は就活をしたことがありません。

しかし、結論からいいますと「就活生」

のほうが正しいです。

自分の見解です。

就活をしている方々は、「内定」という労働契約を企業からもらい、「結果」をだしてます。そこが第一志望の就職か否かは問わず、自分の進むべき道が決まっています。

また、内定をもらっていない方々も、前述した、説明会に行ったり、インターンに参加したり、面接をしたりと「過程」を歩んでいます。

すごく簡単に言うと、アクションしてます。

 

それに比べて、「意識高い系」

アクションしてますか?

本をみて、映画をみて、人からの話を聞いて、

「おれは○○したいんだ」

「わたしは○○するつもりです」

そのために行動していますか?

ただ単に、「思う」だけになっていませんか?

 

中にはすごく深く目標設定して行動している人もいますよね。

留学したり。起業したりと。

就活しないぶん俺は頑張らないといけない。

 

こんなことを書くのも、自分もアクションをしない意識高い系だったからです。

口先だけでした。いまもまだ「結果」はだしていません。だから今懸命に働いている今年の三月に卒業した同期、就活をして企業にはいった同期のほうが良い選択だと今は思っています。

 

行動するかしないかによって、

何をなしたかによって

正解の判断ができると考えます。