世界一へたくそな世界実況

楽しみましょう、今回の人生。

  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明

バスとボートで「プエルトガレラ(サバンビーチ)」へ行ってみよう!②

さて、次はお待ちかねボートでの移動です。マニラのバスターミナルからバタンガスのボートの乗り場の移動に関しては下記の記事に投稿していますのでご覧ください。↓

www.yutonsmaile.com

 

ボートに乗ろう!

f:id:yutonsmaile:20170905181914j:plain

GoogleMapより引用

 

バスでの旅が終わり、ボート乗り場のバスの駐車場で降りターミナルへ向かいます。

バタンガスのボート乗り場はプエルトガレラへ行くボートのほかにカラパン(CALAPAN)というエリアへ行くボートもありますのでご注意を!プエルトガレラ行きのボートはターミナル3です。そこにチケット売り場もあります。

 

チケット売り場に向かう間で現地の人が、

「荷物持つよ」

「チケット売り場まで案内するよ」

とチップ目的でよってきますが、標示をみながら進んでいけばチケット売り場は簡単に分かりますので不要かと思います。

 

プエルトガレラへ行くボートは行先によって料金も出航時間もばらばらです。

プエルトガレラのポート乗り場は以下の3つです。

●バタンガス港⇔サバンビーチ(Sabang beach)

●バタンガス港⇔ホワイトビーチ(White beach)

●バタンガス港⇔ムリエ港(Muelle Pier)

※ムリエ港はサバンビーチとホワイトビーチの中間に位置するエリアです。

 

今回、私が行ったのはサバンビーチです。

よって以下、サバンビーチへの行き方になります。

 

f:id:yutonsmaile:20170905232432j:plain

今回私は、Father’n Son Linesというボート会社を利用しました。

サバンビーチのほか、ホワイトビーチ、ムリエ港とプエルトガレラのすべての行先のチケットがここで買えます。

出航時間は、私があらかじめネットで探して参考にしていた時間とは異なるもので

変わっていました。行先によっては17時頃に出航するボートもありますが、余裕を持って12時~13時頃にボート乗り場に行きボートに乗ることをおすすめします。行先に向かうボートに乗れないことが一番怖いので。。。

 

チケット売り場でも現地の人がチケット購入からボート乗り場の待合所まで案内しようと声をかけてきます。分からない方はまかせるのもいいと思います。ただ高額なチップを要求されても断るように!私も待合所まで案内してもらい、20ペソをあげました。相手が「100ペソ!100ペソ!」と言ってきましたが、そこまでの仕事はしてないだろう、と思い、「ノー、100ペソ!サンキュー!」と笑顔でいい、20ペソをあげてなんとか懲りてくれました。チップは気持ちなので一概には言えませんが、5分もかからない移動ですので20ペソ~50ペソで十分だと思います。

 

サバンビーチへの料金は230ペソとターミナルフィーの30ペソ260ペソでした!

出航時間は13時5分の最終便。危なかったです。(2017/8/25時点)

f:id:yutonsmaile:20170905225355j:plain

ターミナルフィーを払い、チケットをもらう場所。チケット売り場の近くにあります。

 

f:id:yutonsmaile:20170905180702j:plain

この後、ターミナルの中へ入りX線検査による荷物チェックがあります。

チェックを終えると待合所(写真)です。自分が行く行先のところで待ちましょう!

食べ物や飲み物を買う場所もありますので、欲しい場合は買いましょう!

 

時間がきたら、チケットをみせ、ボートに乗り込みましょう!

f:id:yutonsmaile:20170905180715j:plain

写真ではイメージつきにくいですが、バンカーボートは縦に長く、横に長椅子がありそこに座ります。電車ほど満員にはなりませんが、しっかりと荷物に気を配りましょう!

また、慣れていない人は船酔いすることもありますので、不安な方は酔い止めを買っておくことをおすすめします。

 

サバンビーチへは約一時間でつきます。

雨天時は遅れる、もしくは欠航の可能性もありますのでご注意を!

f:id:yutonsmaile:20170905235014p:plain

GoogleMapより引用

 

 

みなさんのお役に少しでも立つことができたら幸いです。

それでは良いプエルトガレラの旅を!

f:id:yutonsmaile:20170905180712j:plain