となりのたしまさん。

日本人なのに日本語を勉強中。20代青年による日本紹介サイト。外国人に「日本のすばらしさ」を伝えるべく「日本」ついてはもちろん、海外の情報もたくさんアップしていきます。「少子高齢化」がすすんでいる日本。外国からの労働力がますます必要になってきています。外国の方々に「日本を好きになってもらえるように」。そんなことを意識して、ぼちぼち更新していきます。今年の目標も、「変わらないこと」。そのために「変わり続けること」。みなさん楽しみましょう、今回の人生。

世界一へたくそな世界実況

【インドネシア】国内のコロナ感染者10万人超える。7月は毎日1000人以上。インドネシアの現在の状況。

インドネシアでのコロナウイルス感染者が7月27日の時点で10万人を超えました。

インドネシアは東南アジアの中では感染者数、死者数ともに最多を記録しています。

6月同様、7月も感染率が高く、一日あたりの感染者が1000人を下回る日はありませんでした。

インドネシア政府は、経済悪化を懸念し、多くの地域で経済・社会活動を再開させていますが、それに伴い感染者は増加しています。

 

f:id:yutonsmaile:20200802112219j:plain

インドネシアの現状

8月1日時点で、インドネシアの感染者数は109936人確認されています。

10万人を超えました。

また、死者数は5193人、回復者数は67919人確認されています。

ここ数日の感染者数を見てみると、

7月26日:1492人

7月27日:1525人

7月28日:1748人

7月29日:2381人

7月30日:1904人

7月31日:2040人

8月1日  :1560人

です。

 

【州別】

国内上位10州の感染者数です。(2020/8/1時点)

①東ジャワ州(ジャワ島)22324人

②ジャカルタ首都特別州(ジャワ島)21767人

③中部ジャワ州(ジャワ島)9659人

④南スラウェシ州(スラウェシ島) 9552人

⑤西ジャワ州(ジャワ島)6584人

⑥南カリマンタン州(カリマンタン島)6160人

⑦北スマトラ州(スマトラ島)3962人

⑧バリ州(バリ島とその周辺の小島)3448人

⑨南スマトラ州(スマトラ島)3427人

⑩パプア州(ニューギニア島)3087人

 

中部ジャワ州、南スラウェシ州の感染者が1万人に迫っています。

首都ジャカルタは7月末で終了予定だったPSBB(大規模社会制限)を再び延長させました。期限は8月13日までの予定です。

一方、バリ島では7月31日から観光客の受け入れを再開しました。バリ島は国内でも世界でも人気な観光地ですので、人の移動が活発です。ただ、感染の再拡大も懸念されます。

 

【県・市別】

東ジャワ州に位置する県と市の感染者の統計をみていきます。

州内上位5都市の感染者数です。(2020/7/31時点)

①スラバヤ市 8691人

②シドアルジョ県 3249人

③グレシック県 1819人

④マラン市 654人

⑤パスルアン県 628人