となりのたしまさん。

日本人なのに日本語を勉強中。20代青年による日本紹介サイト。外国人に「日本のすばらしさ」を伝えるべく「日本」ついてはもちろん、海外の情報もたくさんアップしていきます。「少子高齢化」がすすんでいる日本。外国からの労働力がますます必要になってきています。外国の方々に「日本を好きになってもらえるように」。そんなことを意識して、ぼちぼち更新していきます。今年の目標も、「変わらないこと」。そのために「変わり続けること」。みなさん楽しみましょう、今回の人生。

世界一へたくそな世界実況

【インドネシア】19日、一日あたり過去最多のコロナ感染者確認。インドネシアの現在の状況。

インドネシアでは、ジャカルタ首都特別州で再びPSBB(大規模社会制限)が行われています。今回のPSBBは14日から27日までの予定ですが、感染抑制の兆しが見られない場合、10月11日までさらに2週間延長する方針を知事が発表しました。

9月19日の時点で、国内の感染者数は減ってきているとは言えないため、10月以降も再びPSBBが発動される可能性は高いと思います。

また、首都ジャカルタ以外の地域でも、夜間禁止令といったコロナ感染の規制を行っています。

 

f:id:yutonsmaile:20200515124351j:plain

 ※KOMPAS.comより画像引用

【ASEAN】

他のASEAN諸国の感染者数です。(2020/09/19時点)

・フィリピン 279526人

・シンガポール 57543人

・マレーシア 10147人

・ミャンマー 4621人

・タイ 3497人 

・ベトナム 1068人

・カンボジア 275人

・ブルネイ 145人

・東ティモール 27人

・ラオス 23人

 

インドネシアの現状

9月19日時点で、インドネシアの感染者数は240687人確認されています。

また、死者数は9448人、回復者数は174350人確認されています。

ここ数日の感染者数を見てみると、

9月13日:3636人

9月14日:3141人

9月15日:3507人

9月16日:3963人

9月17日:3635人

9月18日:3891人

9月19日: 4168人

です。

3000人を超える日々が続いており、先週に引き続き非常に高い感染率です。19日には初めて4000人を超える感染者が確認され、一日あたりでは過去最多となります。

死者数は東南アジアではトップを記録しており、感染者数も依然フィリピンに次いで2番目に高いです。

 

【州別】

国内上位10州の感染者数です。(2020/9/19時点)

①ジャカルタ首都特別州(ジャワ島)60828人

②東ジャワ州(ジャワ島)40372人

③中部ジャワ州(ジャワ島)19213人

④西ジャワ州(ジャワ島)16395人

⑤南スラウェシ州(スラウェシ島)14193人

⑥南カリマンタン州(カリマンタン島)9650人

⑦北スマトラ州(スマトラ島 ) 9273人

⑧バリ州(バリ島とその周辺の小島)7628人

⑨東カリマンタン州(カリマンタン島) 6716人

⑩南スマトラ州(スマトラ島)5331人

 

ジャカルタ首都特別州の感染者数が現在行われているPSBBで減少傾向へと転じることができるか、

そこがカギになると思います。

 

【県・市別】

東ジャワ州に位置する県と市の感染者の統計をみていきます。

州内上位5都市の感染者数です。(2020/9/19時点)

①スラバヤ市 13527人

②シドアルジョ県 5893人

③グレシック県 3052人

④マラン市 1732人

⑤パスルアン県 1354人

東ジャワ州の死者数は依然国内最多であり、州都のスラバヤが最多の感染者をだしています。