となりのたしまさん。

日本人なのに日本語を勉強中。20代青年による日本紹介サイト。外国人に「日本のすばらしさ」を伝えるべく「日本」ついてはもちろん、海外の情報もたくさんアップしていきます。「少子高齢化」がすすんでいる日本。外国からの労働力がますます必要になってきています。外国の方々に「日本を好きになってもらえるように」。そんなことを意識して、ぼちぼち更新していきます。今年の目標も、「変わらないこと」。そのために「変わり続けること」。みなさん楽しみましょう、今回の人生。

世界一へたくそな世界実況

【インドネシア】13日、一日あたり過去最多の感染者確認。インドネシアの現在の状況。

11月中旬。

日本では、東京、大阪、北海道を中心にまたコロナウイルスの感染が増え始め、第3波が到来しました。

これから気温も下がり、密閉空間が増え、よりコロナにかかりやすい環境になります。

また、インフルエンザの流行で、コロナと板挟みになり、医療崩壊をもたらす可能性もあります。

ここで落ち着くのではなく、よりコロナ対策を徹底する必要があります。

 

さて、話題をインドネシアに移します。

 

インドネシアでは、11月上旬に一日あたりのコロナ感染者が2000人単位に減少するなど一時減少傾向にありましたが、11月中旬に入り、再び増加しました。

13日には、一日あたりでは過去最多となる5444人が確認されました。

ワクチン開発が早く軌道に乗ることを祈るばかりです。

 

f:id:yutonsmaile:20200508143824j:plain

※KOMPAS.comより画像引用

インドネシアの現状

11月14日時点で、インドネシアの感染者数は46万3007人確認されています。

また、死者数は1万5148人、回復者数は38万8094人確認されています。

 

日ごと(1日あたりの感染者数)で見ていくと、

11月9日:2853人

11月10日:3779人

11月11日:3770人

11月12日:4173人

11月13日:5444人

11月14日:5272人

です。

  

13日に、一日あたりでは過去最多となる5444人のコロナ感染者が確認され、5000人単位が確認されることも初めてになります。

また、翌日も続いて、5000人を超える感染者が確認されています。

 

【州別】

国内上位10州の感染者数です。(2020/11/14時点)

①ジャカルタ首都特別州(ジャワ島) 117462人

②東ジャワ州(ジャワ島)56070人

③西ジャワ州(ジャワ島)44182人

④中部ジャワ州(ジャワ島)42372人

⑤南スラウェシ州(スラウェシ島)19260人

⑥西スマトラ州(スマトラ島) 17142人 

⑦東カリマンタン州(カリマンタン島) 16807人

⑧リアウ州(スマトラ島)16446人

⑨北スマトラ州(スマトラ島 ) 14209人

⑩バリ州(バリ島とその周辺の小島)12631人

 

ジャワ島に位置するジャカルタ首都特別州、東、中部、西ジャワ州の4州が上位に位置しています。

また、ジャカルタ首都特別州は現在、一州だけで10万人を超え、二番目に多い東ジャワ州とはおよそ2倍近くの差があります。

 

【県・市別】

東ジャワ州に位置する県と市の感染者の統計をみていきます。

州内上位5都市の感染者数です。(2020/11/14時点)

①スラバヤ市 16426人

②シドアルジョ県 7372人

③グレシック県 3713人

④バニュワンギ県 2243人

⑤マラン市 2151人

 

東ジャワ州の死者数は依然国内最多であり、州都のスラバヤが最多の感染者をだしています。

バニュワンギ県がマラン市を抜いて、州内で4番目に多い地域となり、感染の勢いが目立っています。