となりのたしまさん。

日本人なのに日本語を勉強中。20代青年による日本紹介サイト。外国人に「日本のすばらしさ」を伝えるべく「日本」ついてはもちろん、海外の情報もたくさんアップしていきます。「少子高齢化」がすすんでいる日本。外国からの労働力がますます必要になってきています。外国の方々に「日本を好きになってもらえるように」。そんなことを意識して、ぼちぼち更新していきます。今年の目標も、「変わらないこと」。そのために「変わり続けること」。みなさん楽しみましょう、今回の人生。

世界一へたくそな世界実況

【インドネシア】ジャワ島に次いでスマトラ島での感染者も増加傾向。インドネシアの現在の状況。

11月中旬。

日本では、東京、大阪、北海道を中心に、再びコロナウイルスが猛威を振るい始め、第三波が到来しました。

GoToキャンペーンにより、県をまたぐ人の移動が増えたことが一番の原因だと言われています。

これに対して政府はどのように動くのか。

とても大事なことですが、

私たち一人一人も今までさんざん口酸っぱく言われてきている

手洗い、うがい、マスク着用、ソーシャルディスタンス

といった基本的なことをしっかりと行うことが大事ですね。。。

 

さて、話をインドネシアに戻します。

 

f:id:yutonsmaile:20201121104145j:plain

※KOMPAS.comより画像引用

 

インドネシアの現状

11月20日時点で、インドネシアの感染者数は48万8310人確認されています。

また、死者数は1万5678人、回復者数は41万0552人確認されています。

 

日ごと(1日あたりの感染者数)で見ていくと、

11月15日:4106人

11月16日:3535人

11月17日:3807人

11月18日:4265人

11月19日:4798人

11月20日:4792人

です。

  

先週13日に、一日あたりでは過去最多となる5444人のコロナ感染者が確認されました。

今週は5000人を上回る感染者は確認されませんでしたが、

今までの状況を鑑みると、いつ急激に感染者が増えてもおかしくない状況にいます。

はやく減少傾向に転じることを祈っています。

 

【州別】

国内上位10州の感染者数です。(2020/11/20時点)

①ジャカルタ首都特別州(ジャワ島) 124243人

②東ジャワ州(ジャワ島)58041人

③西ジャワ州(ジャワ島)47328人

④中部ジャワ州(ジャワ島)46248人

⑤南スラウェシ州(スラウェシ島)19711人

⑥リアウ州(スマトラ島)18163人

⑦西スマトラ州(スマトラ島) 18121人 

⑦東カリマンタン州(カリマンタン島) 17893人

⑨北スマトラ州(スマトラ島 ) 14755人

⑩バリ州(バリ島とその周辺の小島)12918人

 

ジャワ島での感染者の多さが顕著に数に表れてきました。

ジャワ島に位置するジャカルタ首都特別州、東、中部、西ジャワ州の4州が上位に位置しています。

 

また、先週に比べてリアウ州での感染者が増加しており、スマトラ島の感染の勢いも目立ってきています。

 

【県・市別】

東ジャワ州に位置する県と市の感染者の統計をみていきます。

州内上位5都市の感染者数です。(2020/11/20時点)

①スラバヤ市 16547人

②シドアルジョ県 7432人

③グレシック県 3743人

④バニュワンギ県 2356人

⑤マラン市 2192人

 

東ジャワ州の死者数は依然国内最多であり、州都のスラバヤが最多の感染者をだしています。

バニュワンギ県がマラン市を抜いて、州内で4番目に多い地域となり、感染の勢いが目立っています。