となりのたしまさん。

日本人なのに日本語を勉強中。20代青年による日本紹介サイト。外国人に「日本のすばらしさ」を伝えるべく「日本」ついてはもちろん、海外の情報もたくさんアップしていきます。「少子高齢化」がすすんでいる日本。外国からの労働力がますます必要になってきています。外国の方々に「日本を好きになってもらえるように」。そんなことを意識して、ぼちぼち更新していきます。今年の目標も、「変わらないこと」。そのために「変わり続けること」。みなさん楽しみましょう、今回の人生。

となりのたしまさん。

「昼頃・昼過ぎ・夕方」時間帯はいつ?どう使い分ける? 知っておくと役に立つ時の表現。

 

昼頃そっちに着くから!よろしく!」

昼過ぎにそっちに着くから!よろしく!」

夕方そっちに着くから!よろしく!」

 

「昼頃」「昼過ぎ」「夕方」

ニュースでもよく聞くし、

日常生活でもよく使う言葉。

どれも

朝でも晩でもなく、昼の時間帯を表す時の表現ってことは分かりますが、

わざわざ

それぞれの言葉の意味を調べたり、

詳しい時間帯を調べたりなどは

あまりしません。

 

時の表現については以前にもこんな記事を書きました⤵

 

 

今回は

・どんな使い分けができるのか

昼の時の表現について紹介します!

 

 

「昼頃・昼過ぎ・夕方」など昼の時の表現の意味を確認しよう。

まず、たくさんある昼の時の表現の意味を確認していきましょう。

 

「昼」の意味

日の出から日の入りまでの明るい間。日中。ひるま。

昼の対義語は「夜」

※デジタル大辞泉より引用。

「正午」の意味

正午

昼の一二時。

正午の対義語は「正子(しょうし)」

※精選版 日本国語大辞典より引用。

「昼頃」の意味

昼頃

 正午の頃。昼食の頃。

※精選版 日本国語大辞典より引用。

「昼過ぎ」の意味

昼過ぎ

正午を過ぎた頃。

※精選版 日本国語大辞典より引用。

「夕方」の意味

夕方

日が暮れかかるころ。夕日が沈むころ。

※精選版 日本国語大辞典より引用。

「日中」の意味

日中

日のある間。日の出から日没までの間。

※精選版 日本国語大辞典より引用。

辞書では、「日中」「昼」は同じ意味を持っています。

 

昼の時の表現を使い分けよう。

辞書で言葉の意味を確認し、だいたいのイメージはできたと思いますが、

まだちょっと抽象的です。

気象庁の予報用語を参考に

具体的な時間帯について見ていきましょう!

天気予報ではどう使い分けているのか。

 

まず、

という言葉は

辞書では「日の出から日の入りまでの明るい間」といった意味が記述されていますが、

天気予報では正午という意味で使われています。

また、という言葉を単独で使うことはなく、

次のような時間帯を表す表現として使われています。

昼前

午前9時頃から12時頃まで。

昼過ぎ

12時頃から15時頃まで。

「12時頃」ということで、ここから午後が始まります。

昼頃

正午の前後それぞれ1時間を合わせた2時間くらい。

つまり、

午前11時頃から正午まで、正午から13時頃までの時間帯を指します。

 

昼前については、

こちらの記事でも紹介しています⤵

 

続いて、夕方です。

夕方15時頃から18時頃までの時間帯を表す言葉です。

夕方についても、

こちらの記事で紹介しています⤵

 

次に日中です。

辞書では、「日の出から日没までの間」というように

「昼」と同じ意味を持ちますが、

天気予報では午前9時頃から18時頃までの時間帯を表す言葉として使われています。

テレビのニュースでキャスターが「明日の日中の最高気温は~」と言う場面をよく見かけますが、

詳しく言えば「明日の午前9時から18時の間の最高気温は~」という意味です。

 

今記事の最初に挙げた例文をまた確認しましょう!

昼頃そっちに着くから!よろしく!

ここで「昼頃」を使うなら、

午前11時頃から正午まで、もしくは正午から13時頃までの時間帯に着く!

という意味になります。

昼過ぎにそっちに着くから!よろしく!

ここで「昼過ぎ」を使うなら、

12時頃から15時頃までの時間帯に着く!

という意味になります。

夕方そっちに着くから!よろしく!

ここで「夕方」を使うなら、

15時頃から18時頃までの時間帯に着く!

という意味になります。

 

「昼頃」と「昼過ぎ」は少し時間帯がかぶりますが、

「夕方」はまったく違う時間帯ですね。

 

私たちは日常生活で、

「今、14時だから『昼過ぎ』を使う時間帯だ!」などと

しっかりと時計をチェックし、

意識して使うことはあまりないと思いますが、

「こういった使い分けもできるんだ!」と

少しでも皆さんのお役に立てたら幸いです。

 

図でも確認にしよう。

スポンサーリンク