となりのたしまさん。

日本人なのに日本語を勉強中。20代青年による日本紹介サイト。外国人に「日本のすばらしさ」を伝えるべく「日本」ついてはもちろん、海外の情報もたくさんアップしていきます。「少子高齢化」がすすんでいる日本。外国からの労働力がますます必要になってきています。外国の方々に「日本を好きになってもらえるように」。そんなことを意識して、ぼちぼち更新していきます。今年の目標も、「変わらないこと」。そのために「変わり続けること」。みなさん楽しみましょう、今回の人生。

となりのたしまさん。

マーベル グラフィックノベル・コレクション 毎号のエピソードに関連する作品をまとめてみた。【MARVEL】

 

そもそも「マーベルグラフィックノベル・コレクション」とは?

すべてのファンに贈るマーベル・コミック決定版コレクション

マーベル・コミックヒーローたちの伝説的な活躍を楽しめる、

1エピソード完結のグラフィックノベルを毎号掲載しています。

ストーリーの前後に起こった出来事や随所に散りばめられた伏線のヒントなどもボーナスコンテンツで詳細に解説し、マーベルならではの世界観をより深く掘り下げていきます。

 

・ボーナスコンテンツ

毎号、作者やイラストレーターのインタビュー、キャラクターのプロフィール、作品に関わるアーティストのギャラリーやスケッチ、データファイル、おすすめの関連コミック、書籍情報などこのシリーズでしか見ることのできない、充実の特別コンテンツを収録。

~購入した感想~

・毎号のストーリーやボーナスコンテンツから

 マーベルキャラのことをより深く知れる。

・キャラの誕生秘話が面白い!

・ストーリーを読んでいると、

 「こんなキャラもいたんだ!」と言った気づき・発見がある。

・100号まで集めると、背表紙が一枚の壮大なアートになるので、

だんだん絵になっていく”ワクワク感”が味わえる!

・マーベル映画を観る前の予習として読むのも面白いと思う。

・今まで興味のなかったマーベルキャラの映画も観てみたいと思うようになった。

〔良くないところ〕

個人的なことですが、日本のマンガに比べて、文字が読みにくい。

【公式サイト】

マーベル グラフィックノベル・コレクション:ホーム | アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社

 

ラインナップ第1号~10号を見てみよう!

第1号(Vol.1) アメイジング・スパイダーマン:カミングホーム(2001年)

関連作品:

第59号 アメイジング・スパイダーマン:リベレーションズ

 

第2号(Vol.2) X-MEN:ダーク・フェニックス・サーガ(1980年)

関連作品:

第10号 アストニッシングX-MEN:ギフテッド

第38号 ハウス・オブ・M

 

第3号(Vol.3) アイアンマン:エクストリミス(2004年)

関連作品:

第29号 アイアンマン:デイモン・イン・ア・ボトル

 

第4号(Vol.4) アルティメッツ:スーパーヒューマン(2006年)

関連作品:

第21号 アルティメッツ:ホームランド・セキュリティ

●第45号 シヴィル・ウォー

 

第5号(Vol.5) ヴェノム(2011年)

関連作品:

第36号 アメイジング・スパイダーマン:バース・オブ・ヴェノム

 

第6号(Vol.6) ドクター・ストレンジ:ウェイ・オブ・ウィアード(2015年)

関連作品:

第23号 ドクター・ストレンジ:ジ・オース

第39号 ドクター・ストレンジ:ネームレス・ネーム・タイムレス・タイム

 

第7号(Vol.7) キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2004年)

関連作品:

第14号 キャプテン・アメリカ:ニューディール

第50号 フォールン・サン:デス・オブ・キャプテン・アメリカ

 

第8号(Vol.8) ソー:リボーン(2007年)

関連作品:

第27号 マイティ・ソー:イン・サーチ・オブ・ゴッド

第38号 ハウス・オブ・M

第79号 シージ

 

第9号(Vol.9) ウルヴァリン(1982年)

関連作品:

第40号 ウルヴァリン:オリジン

第54号 ウルヴァリン:ウェポンX

 

~随時更新~

 

スポンサーリンク