となりのたしまさん。

日本人なのに日本語を勉強中。20代青年による日本紹介サイト。外国人に「日本のすばらしさ」を伝えるべく「日本」ついてはもちろん、海外の情報もたくさんアップしていきます。「少子高齢化」がすすんでいる日本。外国からの労働力がますます必要になってきています。外国の方々に「日本を好きになってもらえるように」。そんなことを意識して、ぼちぼち更新していきます。今年の目標も、「変わらないこと」。そのために「変わり続けること」。みなさん楽しみましょう、今回の人生。

世界一へたくそな世界実況

「みんなの日本語」と比較してみよう!コミュニケーションを重視した教材「まるごと」について。【日本語教育】

「う~ん。どんな教科書を使って教えようか」

教科書選びはとても悩みます。

 

日本語教育業界で定番の教科書と言えばみんなの日本語

国内外問わず多くの日本語学校で採用されており、ヒューマンアカデミーといった日本語教師養成講座でも使用されています。圧倒的シェア率ですね。

 

ただ、今回は「みんなの日本語」ではなく、コミュニケーションに重点を置いたある教科書について述べたいと思います。

その教科書とは、、

リアルなコミュニケーションを!「まるごと」

f:id:yutonsmaile:20200730140310p:plain

概要

まるごと 日本のことばと文化

●初版:2013年(「入門」出版)

●編著者:独立行政法人国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 

●まるごとシリーズ:「入門」「初級1」「初級2」「初中級」「中級1」「中級2」とレベル別に分けられている

●海外版:韓国、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、インド、ペルーといった国々で出版

●学習方法:「かつどう」と「りかい」の2つの教材があり、9トピックずつ学習

●学習時間:授業時間の目安は1課あたり120分(入門レベル)

 

JF日本語教育スタンダード

まるごと」はJF日本語教育スタンダードの6段階でレベルを表しています。

f:id:yutonsmaile:20200730140316j:plain

JF日本語教育スタンダード「利用者のためのガイドブック」より画像引用。

 

●まるごとのレベル

「入門」→A1

「初級1」「初級2」→A2/B1

「初中級」→B1

「中級1」「中級2」→B1

 

・A1レベル

具体的な欲求を満足させるための、よく使われる日常的表現と基本的な言い回しは理解し、用いることもできる。自分や他人を紹介することができ、どこに住んでいるか、誰と知り合いか、持ち物などの個人的情報について、質問をしたり、答えたりできる。もし、相手がゆっくり、はっきりと話して、助け船を出してくれるなら簡単なやり取りをすることができる。※JF日本語教育スタンダードより引用

・A2レベル

ごく基本的な個人情報や家族情報、買い物、地元の地理、仕事など、直接的関係がある領域に関する、よく使われる表現が理解できる。簡単で日常的な範囲なら、身近で日常の事柄についての情報交換に応じることができる。自分の背景や身の回りの状況や、直接的な必要性のある領域の事柄を簡単な言葉で説明できる。※JF日本語教育スタンダードより引用

 ・B1レベル

仕事、学校、娯楽で普段出会うような身近な話題について、標準的な話し方であれば主要点を理解できる。その言葉が話されている地域を旅行しているときに起こりそうな、たいていの事態に対処することができる。身近で個人的にも関心のある話題について、単純な方法で結びつけられた、脈絡のあるテクストを作ることができる。経験、出来事、夢、希望、野心を説明し、意見や計画の理由、説明を短く述べることができる。※JF日本語教育スタンダードより引用

 

「かつどう」と「りかい」

「まるごと」は日本語を使ってコミュニケーションができるようになるために、

「かつどう」

「りかい」

の2つの学習方法があります。

・かつどう

日常場面でのコミュニケーションの実践力をつけることが目標。日本語をたくさん聞き、話す練習をする。

・りかい

コミュニケーションのために必要な日本語のしくみについて学ぶことが目標。コミュニケーションの中で日本語がどう使われるか、体系的に学ぶ。

 

「かつどう」と「りかい」はどちらも9トピックずつあり、同じトピックで書かれています。

「かつどう」の教材だけで、「りかい」の教材だけで学ぶこともできますが、両方で学ぶことにより、総合的な日本語力を身につけることができます。

 

それぞれの特徴をイラストにまとめてみました。

f:id:yutonsmaile:20200730165805p:plain
f:id:yutonsmaile:20200730165800p:plain

 

簡単にまとめると、
まず、「かつどう」の教材で、聴解(インプット)→発話(アウトプット)の練習をします。

このとき、文法はさらりと教え、深入りしません。

次に、「りかい」で文法、語彙を体系的に学び(さらにインプット)、「読解」「作文」も加え、総合的に日本語を学びます。

 

「まるごと」と「みんなの日本語」を比較

日本語教育業界で圧倒的シェアを誇る教材「みんなの日本語」とどのような違いがあるのか見ていきましょう。

 

f:id:yutonsmaile:20200730140322p:plain

まず、押さえておきたいのがシラバスの違い。

シラバスとは、教授項目を選び出して集めたもの。また、その選定をシラバス・デザインと言います。

みんなの日本語」は文型(構造)シラバスです。

文型(構造)シラバスとは学習者に必要な文型・文法・語彙の観点から整理されたものです。

まるごと」は場面シラバスです。JF(ジャパンファウンデーション)に則って言うとCanDoシラバスです。

場面シラバスとは学習者がコミュニケーション上、必要である場面での表現や語彙を集め、効率的に与えるものです。

 

みんなの日本語が文型シラバスでまるごとCanDoシラバス

この違いを意識してそれぞれの特徴の違いを見ていきます。

f:id:yutonsmaile:20200730183901p:plain
f:id:yutonsmaile:20200730183911p:plain

 

まるごと第7課のトピックは「いえ」です。

登場する文法は「~あります/います」「~すんでいます」「<形容詞>いです/くないです」など様々です。

学習するCanDoも文法も語彙もすべて「いえ」に関するものばかりです。

 

対して、みんなの日本語第11課は「~あります/います」の文型を網羅的に習得しようという狙いが感じられます。

登場する語彙は、文型習得のために使えるもので、ジャンルは統一されていません。

 

教科書の作りも面白いです。

まるごとはカラー写真やイラストがたくさんあり、使われている文字はひらがなとカタカナが多く、漢字はほとんどありません(入門A1)。

「聞いて話しましょう」「聞きましょう」「話しましょう」など各パートに分かれており、学習者にそこで「何をさせるか」が明確です。

また、トピックの最後のページには「日本の生活と文化」に関する情報が載っています。

みんなの日本語は全体的に白黒で作られています。こちらも文型、例文、会話、練習といった各パートに分かれていますが、具体的に学習者に「何をさせるか」は示されていません。教師がイラストやフラッシュカードなどの補助教材を用意し、各課に応じた練習方法を考えます。そのぶん、「まるごと」に比べて「教え方の手引き」「問題集」「イラスト集」「会話DVD」といった授業作りをサポートする教材は豊富にあります。

 

まとめ

f:id:yutonsmaile:20200730190801p:plain

 

私も「まるごと」を使って模擬授業をする機会がありました。

まだまだ浅はかではありますが、実際やってみた感想として、

・みんなの日本語に比べて授業準備の負担が少ない

・学習者に発話させる時間が多い

・未習語彙、文法はまず「推測」させる

・ペアワーク、グループワークが多い

・先生はあくまでサポートする役割

・時間配分をより細かく意識する必要がある

※私自身の主観です

 

この他にもまだたくさんの「まるごと」の特徴、長所、短所があると思います。

「こういう特徴もありますよ」「こういう教え方がありますよ」

みなさんの意見もお待ちしています!情報共有しましょう。

今回もご覧いただきありがとうございました!

 

 

【まるごと 日本のことばと文化 入門A1 かつどう】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まるごと日本のことばと文化 入門A1 かつどう / 国際交流基金著 【本】
価格:1650円(税込、送料別) (2020/7/31時点)

楽天で購入

 

【まるごと 日本のことばと文化 入門A1 りかい】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まるごと日本のことばと文化 入門A1 りかい / 国際交流基金著 【本】
価格:1870円(税込、送料別) (2020/7/31時点)

楽天で購入