となりのたしまさん。

日本人なのに日本語を勉強中。20代青年による日本紹介サイト。外国人に「日本のすばらしさ」を伝えるべく「日本」ついてはもちろん、海外の情報もたくさんアップしていきます。「少子高齢化」がすすんでいる日本。外国からの労働力がますます必要になってきています。外国の方々に「日本を好きになってもらえるように」。そんなことを意識して、ぼちぼち更新していきます。今年の目標も、「変わらないこと」。そのために「変わり続けること」。みなさん楽しみましょう、今回の人生。

世界一へたくそな世界実況

日本

【江戸時代・幕末】世界でも類を見ない異例の権力返上「大政奉還」はどのようにして生まれたのか!?⑦「第二次長州征討」

歴史を揺るがす大事件 慶応2年(1866年)6月7日。 第二次長州征討が始まる。幕府は諸藩に命じ、およそ15万人の大軍を配備して総攻撃をしかける。元治元年7月に起きた第一次長州征討では、実際の戦闘は行われなかったので、幕府としては「今回こそはこてんぱん…

【江戸時代・幕末】世界でも類を見ない異例の権力返上「大政奉還」はどのようにして生まれたのか!?⑥「薩長同盟」

倒幕運動始動。 再び長州藩内に尊王攘夷を返り咲かせた高杉晋作だが、以前の尊王攘夷とは少し違っていた。 定説では、天皇を尊ぶことを尊王、外国を打ち払うことを攘夷という。 下関戦争で異国の強さを思い知った高杉は、 「いまの長州、そして日本では到底…

【江戸時代・幕末】世界でも類を見ない異例の権力返上「大政奉還」はどのようにして生まれたのか!?⑤「長州征討」

ボロボロの長州 話を少し前に戻してみよう。 文久3年(1863年)5月10日、攘夷実行の日。 しかしながら、実際に攘夷を実行したのは長州藩だけであった。 長州藩はこの日にアメリカ商船を砲撃。その後もフランス船、オランダ船と次々と異国の船を砲撃していった…

【江戸時代・幕末】世界でも類を見ない異例の権力返上「大政奉還」はどのようにして生まれたのか!?④「禁門の変」

参預会議 八月十八日の政変により、尊攘急進派の長州藩、そして同じく過激攘夷派公家の三条実美たちを京から追放した。 その後、朝廷と幕府の政局の安定を図るため、朝廷、幕府、有力諸藩が集まり、合議によって国政を決める新しい形の会議が始まる。これを…

【江戸時代・幕末】世界でも類を見ない異例の権力返上「大政奉還」はどのようにして生まれたのか!?③「八月十八日の政変」

公武合体 桜田門外の変以降、さまざまなところで攘夷の嵐が吹き荒れていた。 また、井伊直弼が勝手に通商条約を結んだことにより、攘夷派の幕府・開国派への反感も高まっていた。 井伊直弼の後に老中になった安藤信正と久世広周は攘夷の熱を抑えるために、 …

【江戸時代・幕末】世界でも類を見ない異例の権力返上「大政奉還」はどのようにして生まれたのか!?②「桜田門外の変」

攘夷派の弾圧が始まる。 第14代将軍は徳川家茂と決まったが、実質政治の実権を握っているのは井伊直弼であった。将軍継嗣問題で勝利した井伊直弼は幕府内での力がますます強まっていった。 しかし、通商条約を朝廷の許可を得ずにアメリカと結んだ井伊直弼に…

【江戸時代・幕末】世界でも類を見ない異例の権力返上「大政奉還」はどのようにして生まれたのか!?「黒船来航」

当時の世界において、どの国でも、権力が入れ替わるときには戦争がつきもの。 多くの血を流した後にその権力の座を手に入れることができる。 しかし、日本は当時の世界で類を見ない偉業を成し遂げた国である。 戦争を行使しない権力の返上。 大政奉還 権力を…

【日本語教師の需要は高い!?】新時代「令和」になったからこそ知っておきたい「日本語教師」になる方法。

2020年2月14日。 国の文化審議会の小委員会は、大学卒業や試験の合格、教育実習の履修などを条件に「公認日本語教師」の国家資格を与えるとの報告書案をまとめました。今後、議会にてさらなる議論を踏まえ、検討を進めていきます。 詳しくは、この記事を!!…

心の状態をきちんと見よう!楽しく生きるための【ブッダの教え】

「ブッダの教え」を参考にして「悩みのなくす方法」について今までお伝えしてきました。 【復習(前々回と前回)】 ①悩んだらまず、理解する。 「私は今悩んでいる」 www.yutonsmaile.com ②「心はもとめつづけるもの」と理解する。 悩みの原因は、むだな反応…

なぜ人は悩むのか!?楽しく生きるための【ブッダの教え】

悩んだらまず、理解する。 「私は今、悩みを持っている」と理解する。 前回は、どんな悩みがあるのか、悩んだらまず何が大事なのか、 ということをお話ししました。 www.yutonsmaile.com 今回は、その続きで、 悩みの「正体」について話していきます。 ブッ…

悩んだらまず○○が大事!?楽しく生きるための【ブッダの教え】

より便利になったが、人間関係は軽薄している。 昭和、平成、そして令和。 時代が進むにつれて、日本はもちろん世界中でテクノロジーが発達し、私たちの生活はより便利になりました。 スマートフォンやAIなどは、いまや身近な存在です。 一方で、自殺する人…

【外国人に伝えたい】日本の伝統工芸品について。

車、電化製品、ロボットなど、世界的に評価の高い日本の「ものづくり」。 アニメ・マンガなどのサブカルチャーもいまや子供だけではなく大人にも大人気です。 日本のこういった「もの」に対するこだわりは最近始まったわけではなく昔から脈々と受けづかれて…

多くの機関で法令違反!これから「技能実習制度」はどう生まれ変わるか。

技能実習制度とは 技能実習制度 開発途上地域等への技能等の移転を図り、その経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的とする制度。 ※法務省HPより 途上国の若者に日本の技術を学んでもらい、自国の発展に貢献してもらうという趣旨があります。 そし…

増えているのに「移民」じゃない!?日本における「移民」の定義とは?

みなさん、『移民』という言葉を聞いたら何を思い浮かべますか? その人の国で戦争などが起きて、生活することが難しくなって、他の国に移った人たち。 その人の国では稼げないから他の国に移った人たち。 国の政治状況や経済状況などから判断して、悪い国か…

【2020年最新】日本で暮らす「外国人」について。

「あちらこちらに外国人」 都市部はもちろんのこと、郊外にでても、あちこちに外国人の姿を見かけるようになりました。 世界中で騒がれている「移民問題」、在留外国人に向けての「日本語教育」、日本人の「英語力」。 日本がついに他人事ではなく、外国人と…

日本語教育が「国策」に!ついに日本語教師の「国家資格」創設の動き。

国の文化審議会の小委員会は14日、外国人らに日本語を教えるための新たな国家資格「公認日本語教師(仮称)」を創設する報告書案の大枠を了承した。国家資格創設で日本語教師の専門性を高めるとともに、雇用安定や人材確保を図る狙い。判定試験合格や教育実…

人手不足が深刻な「介護」の業界。これから必要なのは外国人労働者との共生。

老年人口が増加する一方で生産年齢人口が減少している「日本」。 1945年には、生産年齢人口10人でおおよそ1人の高齢者を支えていたのが、 2025年には、2人で1人を支えることになります。 この傾向は今後さらに加速すると予想されています。 「介護」と「外国…

あの有名俳優○○も出演!!大河ドラマ「龍馬伝」が面白い件について

「龍馬伝」とは 時代背景 あの人も出演!注目すべき俳優!! 最後に 「龍馬伝」とは 「龍馬伝」は2010年(平成22年)に放送された大河ドラマ(第49作目)です。 タイトルをみて分かるとおり、日本ではとても有名な歴史上の人物「坂本龍馬」の一生が描かれて…

「外国人受け入れ」高度専門職と特定技能の違いはなに?

はじめに 「医者」として働くために「医師免許」がいるように 道路を車で運転するために「運転免許」がいるように、 何かをするために、「証明」が必要なことってたくさんありますね。 同じように、 外国人が日本に滞在するためにも、「在留資格」という「証…

福岡から宮崎・日南に電車で行ってみよう!【青春18きっぷ利用】

福岡県から宮崎県の日南市に行く場合、 高速バスを利用するのが一番おすすめです。 博多もしくは天神のバスターミナルから宮崎駅までバスで行き、 そして宮崎駅から日南線で日南エリアに入ります。 料金は博多・天神から宮崎駅まで4000円程度。 宮崎駅から日…

「四国八十八ケ所」を巡った私がおすすめする、個人的に好きなお寺BEST5

歩いて回った、88か所の札所。 あくまでも私個人の主観ではありますが、参考までに好きなお寺BEST5を紹介します。 第5位:第21番札所舎心山太龍寺(しゃしんざんたいりゅうじ) 第4位:第38番札所蹉跎山金剛福寺(さださんこんごうふくじ) 第3位:第84番札…

見た目も心もお遍路さんに!巡礼必須アイテムを紹介します。

最初に 巡礼必須アイテムと言いましても、服装に関しては、基本的に自由です。 なによりしっかり寺に赴き、納経するという気持ちが大切ですので、 ジャージでこようと、半袖半ズボンでこようと、サングラスかけようと、 大丈夫です。 ただ、 白衣を着て、菅…

お遍路を世界に!ちょっと四国八十八ケ所を巡ってくる。

みなさん、こんにちは。ユートンです。 6月も下旬にさしかかり、2018年も残すところあと6ヶ月。あっという間ですね。 わたくしユートンは、8月からインドネシアにて日本語教師のアシスタントとして約8ヵ月働きますので、最近はその準備をしております。 日本…

ホテルよりいいかも!?京都、丸田町駅からすぐ近くのホステル「バードホステル」に泊ってみよう!

日本文化の魅力が十分に詰まった都市、京都。 今では私たち日本国民だけでなくさまざまな国から観光客が訪れます。 秋の紅葉のシーズンや春の桜のシーズンは特に来客数が多いですね。 今回は、そんな京都でおすすめする、ホステルを紹介します。 朝食付きで…

福岡から島原までスムーズに移動!!!高速船三池島原ラインを利用しよう!

福岡県(博多・天神)から長崎県島原市に移動する際のおすすめの移動方法をお伝えします。 まず、福岡から島原市へのアクセスの仕方は以下の方法があります。 〇車 〇高速バス 〇特急(諫早まで)+島原鉄道 〇高速船 時間はかかってもいいけれど、お金を節約し…

世界でも類をみない舟の町!伊根町に「伊根の舟屋」を見に行こう!

伊根の舟屋とは そもそも「舟屋」とは二階建ての舟のガレージのことです。一階が舟置き場、そして二階が住居スペースになっています。伊根町にある「伊根の舟屋」は日本の重要伝統的建造物群保存地区にも選ばれており、日本国内でも世界でも類をみない独特な…

天橋立「昇龍観」を見に行こう!自然を満喫しながらのモデルコース。

昇龍観は「天橋立」を股から覗くことによって龍が天に上るようにみえることから、それをたとえて言われるようになりました。昇龍観へは傘松公園へ行く必要があります。 今回このページでは、天橋立を散策、昇龍観を見る、成相寺参拝、展望台から丹後を一望、…

日本三景「天橋立」を見に行こう!京都駅から天橋立駅への行き方を紹介します!!

宮城県の松島、広島県の宮島と共に日本三景のひとつに数えられる「天橋立」。 有名な水墨画家、雪舟も天橋立を描き、国宝「天橋立図」として現代も残されています。 天橋立は徒歩で渡ったり、自転車に乗ったりして松林を散策し楽しむのもいいですが、山頂に…

観光名所は京都市内だけじゃない!丹後の国、海の京都に行ってみよう!

「そうだ、京都行こう。」 いまや日本人だけではなく外国人からもとても人気な京都。 日本の文化や歴史の魅力がつまっており、 春は桜、秋は紅葉と季節によって違った景色も見せてくれます。 観光名所が集中していることから、みなさんの興味を惹くのはやは…