となりのたしまさん。

日本人なのに日本語を勉強中。20代青年による日本紹介サイト。外国人に「日本のすばらしさ」を伝えるべく「日本」ついてはもちろん、海外の情報もたくさんアップしていきます。「少子高齢化」がすすんでいる日本。外国からの労働力がますます必要になってきています。外国の方々に「日本を好きになってもらえるように」。そんなことを意識して、ぼちぼち更新していきます。今年の目標も、「変わらないこと」。そのために「変わり続けること」。みなさん楽しみましょう、今回の人生。

となりのたしまさん。

どの国の人が多いの?日本で働いている外国人について【2022年】

 

現在、日本の人口は、1億2530万9千人です。(令和4年1月時点)

そして、日本に在留する外国人の数は276万635人です。(令和3年12月時点)

この記事を書いているのが令和4年7月なので、若干ズレが生じますが、

日本の人口に占める在留外国人の割合は、約2.2%で、だいたい60人に1人が外国人ということになります。

コロナ収束後、外国人の数はより増えていくのではないかと予想しています。

 

日本で働いている外国人の数は?

厚生労働省の『「外国人雇用状況」の届出状況まとめ』によると、

日本で働いている外国人は172万7221人います。

(令和3年10月時点)

前年同月の人数は、172万4328人だったので、2893人増加しています。

 

都道府県別ではどこが多い?

「日本で働いている外国人はどの都道府県が多いのか」

調べてみました。

 

トップ10は

東京 48万5382人

②愛知 17万7769人

③大阪 11万1862人

④神奈川 10万0592人

⑤埼玉 8万6780人

⑥千葉 6万8155人

⑦静岡 6万6806人

⑧福岡 5万3948人

⑨群馬 4万6449人

⑩兵庫 4万5558人

東京は全体(172万7221人)の28.1%を占めています。

日本の首都だけあって、ダントツで多いですね、

 

どの国の外国人が多い?

「日本で働いている外国人の国籍はどこが多いのか」

調べてみました。

 

トップ10は

ベトナム 45万3344人 

②中国 39万7084人

③フィリピン 19万1083人

④ブラジル 13万4977人

⑤ネパール 9万8260人

⑥韓国 6万7638人

⑦インドネシア 5万2810人

⑧米国 3万3141人

⑨ペルー 3万1381人

⑩イギリス 1万1917人

ベトナムは全体(172万7221人)の26.2%を占めています。

 

ちなみに3年前のTOP10は

①中国 38万9117人

②ベトナム 31万6840人 

③フィリピン 16万4006人

④ブラジル 12万7392人

⑤ネパール 8万1562人

⑥韓国 6万2516人

⑦インドネシア 4万1586人

⑧米国 3万2976人

⑨ペルー 2万8686人

⑩イギリス 1万2236人

(平成30年10月時点)

比べて見ると、

ベトナムが中国を抜いて1位になり、

それ以下の順位は変わっていませんが、

人数を見ると、イギリスだけ減っています。

 

産業別ではどこが多い?

「どの産業で働いている外国人が多いのか」

調べてみました。

 

TOP10は

製造業 46万5729人

②サービス業 28万2127人

③卸売業・小売業 22万8998人

④宿泊業、飲食サービス業 20万3492人

⑤建設業 11万18人

⑥教育、学習支援業 7万3506人

⑦情報通信業 7万608人

⑧運輸業、郵便業 6万3379人

⑨学術研究、専門・技術サービス業 5万9360人

⑩医療、福祉 5万7788人

製造業で働いている外国人は全体(172万7221人)の27.0%を占めています。

どの資格で在留して働いているの?

日本に外国人が住むためには在留資格が必要です。

在留資格とは名前の通り、「外国人が日本に在留することができる資格」のことであり、活動資格居住資格と大きく2つに分かれます。

さらに、活動資格には就労資格非就労資格があります。

 

在留資格についてはこちらの記事で詳しく書いています⤵

www.yutonsmaile.com

 

在留資格別に大きく見ると

「身分に基づく在留資格(居住資格)」で働いている外国人が最も多く、

58万328人で、全体(172万7221人)の33.6%を占めています。

次いで、「専門的・技術的分野の在留資格」39万4509人

「技能実習」35万1788人の順となっています。

 

さらに細かく見ると

TOP5は

「技能実習」(就労資格) 35万1788人

②「永住者」(居住資格) 34万5460人

③「技術・人文知識・国際業務」(就労資格) 29万1192人

④「留学」(非就労資格) 26万7594人

⑤「定住者」(居住資格) 11万9398人

※( )は在留資格を大きく分けたときのカテゴリを示す。

「技能実習」(就労資格)がトップとなりました。

在留資格『留学』は非就労資格に分類されるのに働くことができるの?」

と思う方もいると思いますが、

資格外活動許可という制度があり、一定の要件を満たせば、留学生でも留学活動を阻害しない範囲で働くことができます。

 

在留資格「技能実習」で働いている外国人の国籍はどこが多い?

「在留資格『技能実習』で働いている外国人の国籍はどこが多いのか」

調べてみました。

 

TOP5は

ベトナム

②中国

③インドネシア

④フィリピン

⑤ミャンマー

日本で働いている外国人全体の統計でも1位であるベトナム

ここでも1位です。

また、全体の統計とは違い、東南アジアの国々が上位に入っています。

ちなみに6位がタイ、7位がカンボジアとここもまた東南アジアの国です。

※技能実習生を受け入れる監理団体を監督する機関「外国人技能実習機構」の統計よりデータ引用。

注:令和2年度の統計です。

 

在留資格「永住者」で働いている外国人の国籍はどこが多い?

次に「在留資格『永住者』で働いている外国人の国籍はどこが多いのか」

調べてみました。

 

TOP5は

中国

②フィリピン

③ブラジル

④ペルー

⑤韓国

※上記のランキングは永住者全体(働いていない永住者も含む)を示すものではありません。

 

在留資格「技術・人文知識・国際業務」で働いている外国人の国籍はどこが多い?

次に「在留資格『技術・人文知識・国際業務』で働いている外国人の国籍はどこが多いのか」

調べてみました。

 

TOP5は

中国

②ベトナム

③韓国

④ネパール

⑤台湾

『技術・人文知識・国際業務』とは具体的にどんな職種を指すのかと言うと、

機械工学等の技術者、デザイナー、通訳/翻訳者、私企業の語学教師,マーケティング業務従事者などです。

 

さいごに

今回は「日本で働いている外国人」をテーマに紹介しました。

日本の在留外国人の中では「中国」国籍の人がダントツで多いですが、

「働いている外国人」というテーマにしぼり、

「在留資格別」に絞って見れば

東南アジアの国の人が多かったり、

全体のランキングでは目立たなかった国籍が上位に入ったりと

変化が見られて、興味深いですね。

 

アフターコロナ。

日本で働いてくれる外国人が増えることを願っています。

 

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

 

こちらの記事もおすすめです⤵

www.yutonsmaile.com

 

スポンサーリンク