となりのたしまさん。

日本人なのに日本語を勉強中。20代青年による日本紹介サイト。外国人に「日本のすばらしさ」を伝えるべく「日本」ついてはもちろん、海外の情報もたくさんアップしていきます。「少子高齢化」がすすんでいる日本。外国からの労働力がますます必要になってきています。外国の方々に「日本を好きになってもらえるように」。そんなことを意識して、ぼちぼち更新していきます。今年の目標も、「変わらないこと」。そのために「変わり続けること」。みなさん楽しみましょう、今回の人生。

世界一へたくそな世界実況

【インドネシア】28日、コロナ感染者3000人超える。29日には過去最多の感染者を確認。インドネシアの現在の状況。

8月ももう終わりますね。

日本では安倍首相が辞任を表明し、また新たなリーダーのもとコロナとの共生が始まります。次の首相は誰になるのでしょうか。

 

インドネシアに視点を移します。

日本は第二波の真っただ中にいますが、インドネシアはまだ第一波の真っただ中。

世界第四位の人口を抱える国ですので、人の移動も活発であり、なかなか歯止めがかからない状態にいます。

東南アジアの中で見ると、インドネシアはフィリピンに次いでコロナ感染者が多い国であり、死者数は依然最多を記録しています。

 

f:id:yutonsmaile:20200830201732j:plain

※KOMPAS.comより画像引用

インドネシアの現状

8月30日時点で、インドネシアの感染者数は172053人確認されています。

また、死者数は7343人、回復者数は124185人確認されています。

ここ数日の感染者数を見てみると、

8月24日:1877人

8月25日:2477人

8月26日:2306人

8月27日:2719人

8月28日:3003人

8月29日:3308人

8月30日:2858人

です。

先週より高い感染率です。

8月28日には、はじめて3000人単位の感染者が確認され、一日あたりでは過去最多となりました。

さらに、翌日の29日。3308人の感染者が確認され、たった一日で過去最多を更新しました。

コロナウイルスの勢いがますます猛威を振るっています。なるべく早く第一波を抑制できることを祈ります。

 

【州別】

国内上位10州の感染者数です。(2020/8/30時点)

①ジャカルタ首都特別州(ジャワ島)39037人

②東ジャワ州(ジャワ島)33220人

③中部ジャワ州(ジャワ島)13785人

④南スラウェシ州(スラウェシ島)11870人

⑤西ジャワ州(ジャワ島)10918人

⑥南カリマンタン州(カリマンタン島)8256人

⑦北スマトラ州(スマトラ島)6769人

⑧バリ州(バリ島とその周辺の小島)5078人

⑨南スマトラ州(スマトラ島)4401人

⑩東カリマンタン州(カリマンタン島)4120人

 

依然、ジャカルタ首都特別州が最多です。同じ島内の西ジャワ州の感染者も1万人を超えました。

 

バリ島では、9月11日から外国人観光客受け入れを再開する予定でしたが、依然歯止めがかかっていない現在の状況を考慮して、受け入れを延期することに決定しました。少なくとも年内は受け入れない予定です。

 

【県・市別】

東ジャワ州に位置する県と市の感染者の統計をみていきます。

州内上位5都市の感染者数です。(2020/8/29時点)

①スラバヤ市 11951人

②シドアルジョ県 4964人

③グレシック県 2614人

④マラン市 1219人

⑤パスルアン県 982人

依然、州都のスラバヤが最多となっています。