となりのたしまさん。

日本人なのに日本語を勉強中。20代青年による日本紹介サイト。外国人に「日本のすばらしさ」を伝えるべく「日本」ついてはもちろん、海外の情報もたくさんアップしていきます。「少子高齢化」がすすんでいる日本。外国からの労働力がますます必要になってきています。外国の方々に「日本を好きになってもらえるように」。そんなことを意識して、ぼちぼち更新していきます。今年の目標も、「変わらないこと」。そのために「変わり続けること」。みなさん楽しみましょう、今回の人生。

となりのたしまさん。

推量の表現「ようだ」と「らしい」について。【日本語のプチ知識】

 

彼は部長が嫌いなようだ

彼は部長が嫌いらしい

 

ようだ』と『らしい

どちらもなどの感覚器官から得た情報にしたがって、話し手自身が自分で想像したり、考えを加える推量』表現です。

 

この他にも似ている表現がたくさんありますが、

今回は『推量』として使われる『ようだ』『らしい』について紹介していきます。

 

f:id:yutonsmaile:20210123191625p:plain

ようだ

まさしくんにはこの問題は難しいようだ

 

ようだ目・耳・鼻・舌・皮膚など感覚器官から得た情報をもとにした『推量表現』としてよく使われます。

上の例文でいえば、まさしくんが問題に苦戦している姿を見て、「彼にとってこの問題を解くのは難しいんだな」と推量しています。

 

また、感覚器官の中でも鼻(嗅覚)』『舌(味覚)』『皮膚(触覚)で感じて推量するのはようだだけの特徴です。 

●前田さんからいい匂いがしますね。

どうやら香水をつけているようです(嗅覚)

●結構、煮たんだけど、ニンジン柔らかくなってる?

う~ん、まだちょっと硬いようだなぁ。(味覚)

●この子、ちょっと熱があるようです(触覚)

 

らしい

 どうやら彼は風邪をひいたらしい

 

らしいは主にから得た情報をもとにした『推量表現』です。

●彼は志望大学に受かったらしい。満面の笑みを浮かべているから。

 この場合は、『ようだ』とほぼ同じ意味合いになります。

●彼は志望大学に受かったようだ。満面の笑みを浮かべているから。

 

『ようだ』と『らしい』は同じ?

●彼は志望大学に受かったようだ

満面の笑みを浮かべているから。

●彼は志望大学に受かったらしい

満面の笑みを浮かべているから。

 

●田中くんは朝からテンションが低い。

どうやら昨晩の告白は成功しなかったようだ

●田中くんは朝からテンションが低い。

どうやら昨晩の告白は成功しなかったらしい

 

どちらも話し手は『目』から得た情報をもとにして、想像し、判断しています。

ただ、『らしい』のほうが『ようだ』に比べて、話し手は客観的(距離を置いて)に相手に伝えています。

『距離を置いて』というのは、

「無関心に」「冷静に」「無責任に」「冷たく」

などの意味合いが含まれます。

 

上の例文を見てみると、

満面の笑みでこちらに向かってくる「彼」を見て、

受かったらしい」と言ったほうが、

「彼が受かること」に関して

「興味がない」または「嬉しくない」気持ちがあると思われます。

次も同じで、

朝からテンションが低い「田中くん」を見て、

成功しなかったらしい」と言ったほうが、

「田中くんの告白」に関して

「興味がない」気持ちがあると思われます。

 

また、らしいで感じること以外で使う場合、

『推量』ではなく伝聞の意味になります。

●どうやら香水をつけているらしい(嗅覚)

●あのレストランは味付けが濃いらしい。(味覚)

●この子、ちょっと熱があるらしい(触覚)

伝聞についてはまた別の記事で紹介します!

 

冒頭に述べた例文も見てみましょう。

●彼は部長が嫌いなようだ

●彼は部長が嫌いらしい

どちらも話し手は『目』から得た情報をもとにして、想像し、判断しています。

ここでも同じように、らしいを使った文のほうがより客観的な表現になります。

 

~みたいだ

他にも推量を表す表現としてみたいだがあります。

意味用法は『ようだ』と同じですが、『ようだ』よりカジュアルであり、家族や友達など親しい人と話すときに使われます。

逆に言うと、フォーマルな場(改まった場)書き言葉としてはあまり使われません。

 ●村山は今日も休みみたい。(同僚に)

●村山は今日も休みのようです。(上司に)

 

まとめ

f:id:yutonsmaile:20210123191840p:plain

 

スポンサーリンク