となりのたしまさん。

日本人なのに日本語を勉強中。20代青年による日本紹介サイト。外国人に「日本のすばらしさ」を伝えるべく「日本」ついてはもちろん、海外の情報もたくさんアップしていきます。「少子高齢化」がすすんでいる日本。外国からの労働力がますます必要になってきています。外国の方々に「日本を好きになってもらえるように」。そんなことを意識して、ぼちぼち更新していきます。今年の目標も、「変わらないこと」。そのために「変わり続けること」。みなさん楽しみましょう、今回の人生。

世界一へたくそな世界実況

【インドネシア】PSBB(大規模社会制限)を徐々に解除か!?インドネシアの現在の状況。

6月4日、インドネシアのジャカルタ州知事はコロナウイルス感染拡大防止のために行っていたPSBB(大規模社会制限)を6月も引き続き行い、条件つきで一部の制限を緩和すると発表しました。一部の公共交通機関、礼拝所の利用などが許可されます。ジャカルタ同様、西ジャワ州のボゴール県、ブカシ県なども引き続き延長し、次の解除は7月2日までの予定です。

完全にPSBBを解除したわけではなく、段階的に様子をみながら緩和していく様子。感染ペースは遅くなっていますが、地域によっては感染者が増えているところもあります。イスラム教徒にとって重要な礼拝所でのお祈りは三密を生みやすく、クラスターが発生する可能性も高いです。緩和するにあたり、しっかりとルールを明らかにして行動していく必要があります。

 

f:id:yutonsmaile:20200606151942j:plain

インドネシアの現状

6月5日の時点で、29521人の感染者が確認されています。

また、死者数は1770人、回復者数は9443人です。

 

全体の感染ペースは先週に比べて下がっています。

 

【州別】

①ジャカルタ首都特別州(ジャワ島)7766

②東ジャワ州(ジャワ島)5549

③西ジャワ州(ジャワ島)2366

④南スラウェシ州(スラウェシ島)1776人

⑤中部ジャワ州(ジャワ島)1537人

⑥南カリマンタン州(カリマンタン島)1213

⑦南スマトラ州(スマトラ島)1074

⑧バンテン州(ジャワ島)989

⑨パプア州(ニューギニア島)918

⑩西ヌサ・トゥンガラ州(ロンボク島、スンバワ島)757

 

東ジャワ州での感染が5月から目立っています。また、南カリマンタン州も感染者が増えています。

西ジャワ州はだいぶ感染ペースが遅くなっています。西ジャワ州の都市は何度もPSBBの延長を繰り返しているのでその効果が反映されているのかなと思います。