となりのたしまさん。

日本人なのに日本語を勉強中。20代青年による日本紹介サイト。外国人に「日本のすばらしさ」を伝えるべく「日本」ついてはもちろん、海外の情報もたくさんアップしていきます。「少子高齢化」がすすんでいる日本。外国からの労働力がますます必要になってきています。外国の方々に「日本を好きになってもらえるように」。そんなことを意識して、ぼちぼち更新していきます。今年の目標も、「変わらないこと」。そのために「変わり続けること」。みなさん楽しみましょう、今回の人生。

となりのたしまさん。

パワースポット!県内最大級の大杉!匝瑳市にある松山神社に行ってきました。

 

今回は、

千葉県匝瑳市にある松山神社に行ってきました。

松山神社で祀られているのは

・伊邪那美命 (いざなみのみこと)

・誉田別命 (ほんだわけのみこと)

・天児屋根命 (あめのこやねのみこと)

以上3柱の神様です。

 

では早速、見ていきましょう。

松山神社を写真で紹介!

まずは入口。

私が訪れたときは、かなりの晴天で、神様が歓迎してくれているような気がしました。

松山神社の隣には「匝瑳市立匝瑳小学校(現在は廃校)」があります。

訪れる際に目印になると思います。

 

立派な鳥居。

春は桜が咲き、また一味違った景色を見ることができます。

 

鳥居をくぐると、目の前に社殿が。

周りも木々に囲まれており、重厚な雰囲気で、

なんだか他の世界に吸い込まれそうでした。

 

境内はとても綺麗で、日ごろから丁寧に手入れしているんだろうなと感じました。

写真は参道付近。

 

手水舎。

 

社殿。

松山神社のサイトでは、

日本最古の神社建築の一つである神明造と、

江戸時代初期に出現した比較的新しい神社建築である権現造が

混合する社殿となっています。

と記載がありました。

真ん中には龍、端には獅子の彫刻が。

社殿の右側には、

松山神社のパワースポットである大杉がどっしりと鎮座しています。

推定樹齢850年の大杉で、匝瑳市の有形文化財となっています。

樹高約35メートル、根回り17メートル、目通り9.2メートルと千葉県最大級の大杉です。

 

少し離れたところから撮影。神々しさがにじみでている。

 

今回は、

千葉県匝瑳市にある「松山神社」を紹介しました。

郊外にひっそりとたたずみ、人混みもなく、

境内はまるで時が止まったかのように静かで、ゆったりと過ごすことができます。

何度も言いますが、パワースポットとして有名な大杉もあり、参拝者、巨木ファンを魅了し続けています。

ぜひ、参拝しに足を運んでみてください!

 

松山神社の御祭神

冒頭でも述べましたが、

松山神社の御祭神について紹介します。

伊邪那美命 (いざなみのみこと)

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と一緒に日本を創造した女神。

・御神徳:延命長寿、縁結び、出世開運

誉田別命 (ほんだわけのみこと) ※応神天皇

第14代仲哀天皇の子。八幡神として篤い崇敬を受ける。

・御神徳:武運長久、国家鎮護、殖産興業

天児屋根命 (あめのこやねのみこと)

岩戸隠れの際、岩戸の前で祝詞を唱えた神。

・御神徳:諸願成就、学業成就、出世開運

 

【参考著書】

この神社にはこんな性格の神様が祀られているのか!

神社に行くのがより楽しくなる!読んでおきたい一冊!

日本の神様解剖図鑑

日本の神様解剖図鑑

Amazon

 

松山神社への交通アクセス

松山神社は最寄り駅のJR総武本線八日市場駅から車で約6分のところにあります。

徒歩であれば、約45分。バスも本数は少ないですが、何本か走っています。

駐車スペースですが、松山神社のサイトを拝見したところ、

「裏参道に10台程あります」と記載がありました。

県道106号線を走り、

この黄色の「松山ゴルフ」の看板を目印に右に曲がります。

少し走り、右側を見ると写真のようなスペースがあります。

おそらくここが駐車スペースだと思います。

 

松山神社サイト:https://www.matsuyamajinja.jp/